Heavenly Blue

"Feel so good too good to be true."

スポンサーサイト

posted at --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-01-07-Sun

アメリカ人の距離感

posted at 02:12
寝正月すぎていとも簡単に昼夜逆転を成し遂げた漏れがやって来ましたよ。


僕の地元に、「ドブ板通り」というメリケンなストリートがある。
ちょうど米海軍横須賀基地の目の前にあって、不良ガイジンみたいな米軍関係者がわんさかたむろしてるところ。
昔はとても治安が悪くて、地元の人間はあまり近寄ろうとしなかったというけど、今はそんなこともなく、目下横須賀一のおしゃれストリートとして売り出し中みたい。
まあ今のところはまだまだいかがわしさ満点ですけど。がんがれ。

そんなドブ板通りを、僕もときどき抜け道的に使う。
つい先日もたまたま通る機会があったのだが、そのときに妙なものを見た。

道端で、友人同士らしき二人の外国人が立ち話をしている。だけなのだが、なんだか違和感がある。
別に彼らの風体がどうとかではない。ましてや会話の内容など知る由もない。話してるのが英語だということが辛うじて分かったくらい。

問題は、彼ら二人の立ち位置だ。

…いやあの、それ、遠くね?

ドブ板通りは、真ん中に車道が一車線とその両脇に歩道、それくらいの広さの通りである。
彼らはその両脇の歩道のこっち側とあっち側にそれぞれ立ち、車道を挟んで会話していた。

我々日本人の一般的な感覚から言えば、路上の立ち話というのは、せいぜい半径1~2mくらいの範囲にお互いが立って行うものではないだろうか。
そりゃ、例えば道で偶然知り合いと遭遇して、でも知り合いは車道を挟んで向こう側の歩道にいて、そして車の往来が激しくて自分は向こう側に渡れない、とかそんな特別な状況にでもおかれたら話は変わってきますけども。
別に車とか通ってないんだよ?近寄ろうと思えばいつでも互いに近寄ることができる状況下だよ?

だのに、彼ら二人はずっと妙な距離を保ったまま会話し続けているのだ。
なんだそれは?てめえそれ以上近づいたらヌッコロス!とかそういう距離なのか?
僕には窺い知れない緊迫した何かが彼らの間にはあって、表面上は仲良しさんを装うかのごとく談笑しているけれど、実はやるかやられるかの抜き差しならない状況ゆえに、それ以上近寄れないってことなのか?

ま、違うよね。

ちなみに、彼らの間にはそれなりの距離があるため、当然ではあるが声のボリュームもそれなりに大きい。
うるせー!!と思うほどではないが、明らかに声を張り上げている感じだ。
もっと近づきゃそんなに声を張らなくて済むのに…どう考えても効率悪いよそれ。燃費悪いよそれ。

別にこれはこのとき一度きりの話ではない。
実は以前にも、ドブ板通りで全く同じような光景を目にしたことがあるのだ。
そのときも二人の外国人が、車道を挟んであっちの歩道とこっちの歩道に立ち、大声で会話をしていた。
なんなのか。

また、似たような例が他にもある。

横須賀市民の多くがお世話になっているであろう我らが赤い電車、京急線。
ウチのあたりは休日夜の普通電車ともなると、もうがら空きだ。
そのがら空き電車へ、やはり不良ガイジンみたいな米軍関係者と思しき人々が乗り込んでくることが間々ある。
がら空きだから構やしないんだけど、決まって彼らは通路を挟んで対面に陣取る。
んでやっぱり、対面同士というポジショニングに見合う程の大声でお喋りですよ。
これはさすがに車内でのことだから、素直にうるせー!!と思う。
"HA HA HA HA HA!!"
じゃねー!!隣に座って静かに騒げ。

そんなことするの、日本人だったら生意気盛りのティーン男子くらいなものじゃなかろうか。
いや、確かにがら空きだったら、日本人でも同じようなことはするかもしれない。
とはいえ毎回じゃないだろう。少し間を大きく取って隣同士に座る、程度に収めてしまうことも多いのではないだろうか。
でも僕が見たところ、彼らは電車が空いていればいつだって対面なのである。
もっとも、それは僕の思い込みと偏見が多分に影響している可能性も否定は出来ないが、どうしてもそういう印象が拭えないんだよね。

それにしてもなんなのだろう。とにかく遠い。奴らは遠い。
純粋なる日本人といえるだろう僕からすれば、日常的な人と人との距離が明らかに遠すぎる。
これが文化の違いというやつか。カルチャー・ショックってことなのか。
僕の見た外国人のサンプルは、8割方が不良ガイジンみたいな米軍関係者で間違いない。
だからつまり、これは日本人とアメリカ人の文化の違いだ。
もちろん、もし不良ガイジンみたいな米軍関係者が、実際に本国でも不良またはそれに近い何かなんだとしたら、僕の見た事実をもって一般的日本人と一般的アメリカ人の持つ文化の差とするのは些か支障があるのかもしれない。
それにしたって、当たらずとも遠からずではないだろうか。

きっとあれだね、メリケンってやつぁは国がデカい、家がデカい、車がデカい、人もデカい。
したがって人と人との距離もデカいし、お喋りの音量もデカいと。
おまけに器もデカいから、細かいことは(゚ε゚)キニシナイ!!燃費の悪さも(゚ε゚)キニシナイ!!
そういうことなのではないかな。多分。
まさしくスケールが違うんだなと思ったね。

都内近郊であれば、最近はどこへ行こうと外国人を見かけることなんて珍しくも何ともないが、かといって異文化に触れたと感じる機会もそうそうあるわけではない。
そういう意味ではこれはなにげに貴重なチャンスだったのかもしれないなあ。

とか考えたらちょっと得をした気分になれた、という話。
スポンサーサイト

COMMENT



2007-01-08-Mon-00:30
ジンガイが電車乗ると、椅子をつめて座ってくれない事多い気がする。椅子に荷物置いて、130度くらい足を広げて。

まあ、

2007-01-08-Mon-01:13
ドブ板は実際、全然、おしゃれストリートでもなんでもないわな。
むしろ、外国人とか怖いよ、普通に。

2007-01-09-Tue-01:19
>e
やっぱりそもそも持ってる習慣・文化が違うんだろうね。良くも悪くも。

>暇
怖え怖え。いや、実はそんなに治安よくもないよね。
昔に比べたらいいんだろうけどさ。

コメントの投稿

HOME
ADMIN >> LOGIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。