Heavenly Blue

"Feel so good too good to be true."

スポンサーサイト

posted at --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-12-19-Tue

Autumn Leaves

posted at 20:01

さらにさらに時間を遡り、えーとこれは部室ひとりをしたのと同じ日だから…3日か。

ふと思い立って、水道橋~神保町~お茶の水界隈を散歩してみたのですた。

これは中央・総武線沿い、水道橋-お茶の水間の丘の上の道から、後楽園方面を臨む写真。
紅葉がなかなか綺麗に撮れていると自画自賛したいのだが、どうか。
ちなみに写真左手の四角い建物が都立工芸高校、その奥に一際高くそびえてるのが東京ドームホテル、んでそれらの右、にょきっと見えているのが文京シビックセンターですね。

神保町のちょっと奥に引っ込んだあたりって、学校や小さい会社が多いせいか、平日に比べて土日はすごく静かになります。
昼下がりのお散歩にはなかなかに良い場所だと思いますた。


聖橋の上から、お茶の水橋方向。
お茶の水橋から見た聖橋の絵や写真は見かける機会が何かと多いのですが(
こんなの)、その逆ってあんまり見ないような。
まあでも、聖橋の方が見栄えが良いしな。そういうもんか。


わたくし、生まれも育ちも東京下谷は根岸でございまして、そこに住まっていた時分には、お茶の水・神保町あたりまではチャリ圏内でございました。
そのため以前はよくここら辺もウロウロしていたものですが、地元の観光スポットとか史跡・名所ってあまりわざわざ行ったりしないでしょ?
ここいらですと、湯島聖堂、ニコライ堂、神田明神、湯島天神などがそうなんですが、湯島天神以外は行ったことなかったんですよ。
そんなわけで、せっかくだからちょっと覗いてみようと思い、湯島聖堂に立ち寄ってみました。


はい。こちら、湯島聖堂に祀られていらっしゃいます孔子様です。
屋外に妙にデカい像があったので思わず一枚。これ、実際に見るとなかなか笑える大きさです。
Wikipediaで調べたら世界最大の孔子像だそうで。うーん。


湯島聖堂はとても都内とは思えない、鬱蒼とした緑に囲まれた静謐な場所でした。
まあ都内の史跡って、意外とこんな感じのところが多かったりするけどね。
皆さん、「都内とは思えない緑&静けさ」系の文句に踊らされちゃいけません。
そんなものは全然レアじゃないぞ!結構いろんなところにあるぞ!


これは本郷通り、湯島聖堂と東京医科歯科大学に挟まれたあたりの銀杏並木です。
写真の右奥が医科歯科で、通りを挟んで反対側に湯島聖堂があります。


さて、水道橋→神保町→お茶の水と歩いてきたら、僕的に辿り着くべき先は一カ所しかありません。
そう!わが心の故郷、そしてリアル故郷でもあると言っても過言ではない地、秋葉原!

もちろんここもチャリ圏内でしたから、本当に無駄によく通ってました。
ここ20年近くのアキバの変遷をこの目で見てきてますし、アキバについては軽く卒論が書けるほど一家言あるつもりです。
まあそれは置いといて、今回は写真を一枚。


歩行者天国に、ダンボーがいた。

以前はアキバといえども、歩行者天国の路上ライブは普通の大道芸的なものがほとんどだったんですけどねー。
気が付いたら「路上ライブの半分はメイド!もう半分は売り出し中アイドル!」みたいなことになってしもうて…
街角をメイド姿の女子が当然のように闊歩する、世にも希有な街・秋葉原。嗚呼何処へ行く!
スポンサーサイト

COMMENT



2006-12-20-Wed-01:16
ダンボーかわゆす(*´д`*)

2006-12-20-Wed-01:38
紫苑さんキタ━(゚∀゚)━!
ダンボー、周りを取り囲んだ人達に「かわゆすー」って言われまくってますた。
アキバBlogの記事>
http://www.akibablog.net/archives/2006/12/post_921.html

2006-12-20-Wed-01:56
都内の散歩は千代田区界隈が良いよな。あの橋の上でスケッチしてる人もいるし、和むな。
秋葉の歴史を語るのはあれよ、20年前からじゃダメよ。
当時我々は生まれてないけど、戦後の古きよき秋葉の雰囲気を感じるなら、ラジオデパート、ラジオ会館、ラジオセンターよね。

2006-12-20-Wed-02:33
>e
20年前から「この目で見てる」と言っただけだよ?歴史を語るならもっと前から語れますけども。
でも正直なところ、この20年の変化が一番劇的だったんじゃないかね。
ちなみにラジオ会館にはもはや古き良き雰囲気なんぞ残っちゃいません。今や立派にアキバ系の殿堂のひとつです。
他の二つはまだ健在だけどね。

2006-12-20-Wed-02:38
そんなー、あんまり否定しないでよー。
電気街から、オタクの巣窟とかしたのは、ここ10年くらいかね。二次関数的にオタクの店が増えた気がする。
ラジオ会館は確かに、そんな店が大半だけど、部品屋もまだあるし、俺がよく行く線材屋もあるし、あのぼろいエレベーターにも面影がまだあるから、大事にしたいものだ(どうやって?)

2006-12-21-Thu-00:49
>電気街から、オタクの巣窟
言葉のあやだけども、もともと部品屋なんかはオタクの巣窟だよね。マニアと呼ばれていたオタクの。
だから集まるオタクの種類が変わっただけとも言える。あるいは世代が変わっただけかも。
>ラジオ会館
確かに昔ながらの店もまだ残ってるけどねー。
でも9割方はA系ショップに侵略されちゃってるからねえ…あとどれだけ頑張ってくれるのか。
ていうか、否定したくなるような書き方をするからだ。
面と向かって話してるのと違って、文字だけだとどうしても発言のニュアンスまでは伝わりにくいものです。
例えよく見知った相手でもそれは同じだと思うから、そこら辺をもう少し気にして欲しいなあ。と思った。

2006-12-21-Thu-00:57
確かに、カチンとくる書き方をしてますね。多分、不愉快になるだろうな、と予想してますから。正確悪いな、俺。
今度秋葉のメイド喫茶でトコトン語り合いましょう。
ふと、思ったが、A系の店で占領されたラジオ会館は、その名称だけに名残を残す時代が、じきにくるんだね。しみじみ。
中国、朝鮮系の店に若干占領されつつあるアメ横の事を、思い出した。

2006-12-21-Thu-01:12
性格が悪いというか、まあ君のそういうところは重々承知してるつもりだが、
顔を見て話してるときはムッとしつつも流せても、文字だけになるといかんせん普段の10割増くらいでカチンと来るのよね。
だから君は普段の5割引くらいで毒を吐くといいと思うよ。
>名称だけに名残を残す時代が、じきにくる
そうだねー。なんか悲しいというか、ほんとにしみじみするな。

2006-12-22-Fri-00:29
承知致しました。善処致します。
秋葉原も元々は、「アキバハラ」という地名で、ただの原っぱだったという、言い伝えも耳にした事がございます。
風景と人の心は移ろいゆくものなのですね。

2006-12-22-Fri-01:06
秋葉(アキバ)神社のある原っぱ→アキバハラだね。ウチの祖父さんなどは古くからの地元民だから、普通にアキバハラと発音しますな。アキバハラが正解なのに、駅名を付けるときにどうも関係者が間違えちゃったらしいという。
ちなみに秋葉神社は現在移転して台東区松が谷にあるそうです。

コメントの投稿

HOME
ADMIN >> LOGIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。