Heavenly Blue

"Feel so good too good to be true."

スポンサーサイト

posted at --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-12-03-Sun

部室ひとり

posted at 15:20

日曜だというのに午前中から部室に行ってみた。
ちょいと個人練でもしようかと思いましてね。

自分で部室の鍵を借りるのも久々なら、一人きりで部室にいるのも久々かもしれない。

部室に住んでるんじゃまいかと言われた時期もあったんですがね。
部室のヌシの座をそーみゃと争っていたあの頃――

…すみません、また事実をねじ曲げました。しかもどうしようもなくちっちぇーウソ。最近の悪い癖だな。

ヌシの座を争っていたことはありませんが、自分の部屋より部室の方が落ち着くと感じるくらいにまで、無駄に部室にいたのは事実です。

ところで近頃、部室及び学食におけるジャズ研人の過疎化が、一部で危機感をもって叫ばれていますね。
みんなどこに行っちゃったんでしょ?
個人的な印象としては、授業と授業の合間の休み時間にちょろりと顔を出す人が、学祭からこっち極端に減ったなぁと。
授業時間中は人が少ないときでも、休み時間になると人の出入りで急にワサワサするというイメージがあったのですが。
授業が一コマ終わって、たとえ次の時間もまた授業があったとしても、皆に顔を見せ二言三言交わしてから次の授業へ行く、というような暗黙の了解的風習が、ここへきて急に廃れてしまったのでしょうか…。
本来なら、今の時期はすっかり馴染んだ一年生も加わって、部室近辺が一年のうちで一番賑わう時期のようにも思うんだけどなぁ。

ていうか、学祭まではみんな普通にやってなかった?
それはバンド練があったから?
確かに今だってクリコン前なのに、あんまり練習入ってないもんね。

でも、これも個人的見解ですけども、うちのサークルにおける人付き合いって、バンドやって飲み会やって合宿やって、んでそれに付随するお付き合い、ってそれだけじゃないと思うんです。
確かにそれらもとても大切な場なんですけど、でもそれだけじゃあ全部足しても全体の半分程度しか楽しめてないんじゃないかと。
んじゃあ残りの半分は何かと言えば、やはり日頃のくだらないやりとりに尽きるんじゃないかと思うんですよね。

用もないのに部室に来てみたり、来たはいいけどやることもなくて暇だーと叫んでみたり、で結局そこら辺にいる誰かとひたすら無駄話をしてみたり。
こういうどうしようもない日常風景にこそジャズ研の真髄が隠れているんじゃないかと思うんだけど如何か。
日頃からどうでもいいような時間を共に過ごしてこそ、真の意味で親睦が深まると思うのだがどうか。
これといった根拠はないけれど、無駄に長いこと現役を続けている僕の実感です。


『わたしの世界の中心は、部室棟4階なのかもしれない。』 ©おねえさん系ベーシスト


僕には、かつてそう思えた時期が確実にありました。
今も相変わらずそう思ってるかというと、どうかなあ…。

ま、僕のことはともかく、同じように思ってくれる後輩がもっと増えればいいな、と純粋に思います。
スポンサーサイト

COMMENT



2006-12-05-Tue-06:51
こんばんわ。
いい事書きますね。流石、豪傑。
当方、卒論という魔物との戦いばかりしていて、部室に行く事はおろか、さくら水産の鍋すら口に運んでいないという始末。
そして当のジャズ研は過疎化が進んでいるらしく、何も面白い事が無いようですね。
どうしたんですかね?
どうなんですかね、最近、私が1年や2年の頃はそりゃあもう毎日が、記念日のように楽しかったものですが。
取り合えず、卒論ぶった押したら、飲みに行きたいです。はい。

2006-12-05-Tue-12:11
「古き良き時代」ってもんですかねぇ。
そんなこともないか。
まあ、うちらが一、二年とかのときは、とりあえず上の人たちが普通にごろごろしてたよね。単純な畏怖があって、そっからの付き合いというかね。
みんなそれぞれ忙しいんだろうけど、部室くらいしか居場所がない人ばっかりやったのかなあ、と。
あと前日に飲みに行ったから今日は行かない、とかは無くて、ととりあえず飲みたきゃ飲むという風潮でしたな。
個人的には99世代がやっぱりデかいと思うね。
あとおとん。

2006-12-05-Tue-23:12
個人練習するのにもってこいだな(笑)。
休み時間に顔出して、次の授業に出るのがめんどくさくなり、サボるってパターンもあったような。
考察するならば、学校周辺に一人暮らししてる部員が多いのも、何かしらの原因かな、と思う。
部室くらいしか居場所がない
って言い方は的を射てると思う。
Jazz研意外に、他サークルやゼミ等の友人の付き合いが多い。
誰が来るか分からない部室にいるより、気の合う連中とさっさと何処か(カフェ・学食・一人暮らしの友人宅)に行く。
一昔前は、大学にJazz研以外の価値を見出せなかった輩ばっかりだったのかもね。
俺はまさにそうだった。

2006-12-05-Tue-23:34
>日頃からどうでもいいような時間を共に過ごしてこそ、真の意味で親睦が深まると思う
真理が含まれてると思うが、そもそも、それをJazz研に求めてないんじゃないかね。
多様な価値観や、年齢幅(OBと古荒さんも含めて)の人間からいろいろ、影響を受けるいい機会なのにね。
そうそう、人が来ない→行き当たりばったりなセッションがない→人が来ない→レベル低下(ゴメン)
レベル低下は言い過ぎですけど、いっぱいセッションしましょうよ。
Jazz研なんですから。
極めて個人的な趣味で言うと、ドラマーさんは片手でハイハットを16で刻めるようになって欲しいなぁ。ダブルストロークって言うのかな。
16といったら、馬鹿の一つ覚えみたいに両手でやっちゃうのがJazz研の悪いところだ、って言い過ぎました。すいません。
たまには音楽を熱く語りたい。

2006-12-05-Tue-23:53
さも自分達の頃が超絶技巧だったような、発言でした。
現役生の演奏に触れる機会がないから、レベル低下なんて、言えませんね。ごめん
俺も練習しよう

2006-12-06-Wed-01:32
>サトちゃん
飲もう!鍋食おう!もう一息、がんばってくだされ。
>暇、ヤフ-bay
>部室くらいしか居場所がない人ばっかり
時代は変わっても、結局ウチに来る人ってどこか変わってて、部室くらいしか居場所がない変わり者がほとんどだ、と思ってたんだけど…
どうも最近、それも変わってきたのかなーとは思うね。特に今年の一年生あたりは。
ジャズ研楽しいと思わせるだけの魅力が上にないってことなのかも。
ま、もしかしたら「これから」かもしれないけど。
>いっぱいセッションしましょうよ
確かにセッションは減ったなあ。僕がその場に遭遇してないだけなのかな。
部室に人が多いときはだいたいバンド練が多いときで、結局部室が埋まってるからセッションなんかできず。
バンド練がなく部室が空いているときはそもそも人が来ないから、やっぱりセッションなんかできず。
ブルースとチキンくらいしかできないのに、アホみたいにひたすらセッションしてたあの頃が懐かしうございます。

2006-12-06-Wed-01:33
そうそう、レベル低下はそんなにないと僕は思うけどな。
飛び抜けて上手い人間が多いか少ないかの違いだと思うけど。
平均したら、全体としてはそんなに変わらんのじゃないかね。

2006-12-06-Wed-02:51
俺はギターがなかったら生きていけないぜ。ってヤツがいないんだな。

2006-12-09-Sat-00:34
漏れはサックスがなくても生きていけるけどな。けどPCがなかったら生きていけない。おそらく。

2006-12-10-Sun-15:00
つか、やはり名言は出典を明確にしないとね

コメントの投稿

HOME
ADMIN >> LOGIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。