Heavenly Blue

"Feel so good too good to be true."

スポンサーサイト

posted at --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-04-27-Sun

別にいいけど

posted at 23:21
だらだらと書きます。



わりと久しぶりに、CDをゴソッと買いました。

HMVで、置いてあったフリーペーパーがですね、裏表紙がこんなの↓でして。

080427_1.jpg


そういえば『序』のDVDが出るもんなあ。

それはともかく、この裏表紙を目にしてすかさずゲットしてしまった自分の行動に鑑みて、ああ、やっぱり病気はなかなか治らないんだなあと改めて痛感した四月の終わり。
二次元病は不治の病。

_| ̄|○

別にいいけど。
だってアヤナミさんだけじゃなくって、表紙側は今をときめくPerfumeですもん。
しょうがないよね。

080427_2.jpg


なんかこれ、三人ともあまりかわいくないな…別にいいけど。



エヴァの新劇場版:序といえば、宇多田ヒカルの『Beautiful World』がテーマ曲なのでございますが、この曲の歌詞に

最近調子どうだい?
元気にしてるなら 
別にいいけど



という箇所があります。
こうやって文字にして書いてる分には、これといって大した違和感はないんですけどね。
でもメロディに乗せて歌っているのを聴くと、なんかねぇ、「別にいいけど」の部分にものすごい投げっぱなし感が漂ってる気がするんです。
思わず

いいのかよ!

などとちょっと懐かしくなりつつある感じのツッコミを入れたくなります。
そんな風に思うのは僕だけでしょうか?
別にいいけど。

しかし何というか、この独特のセンスはやっぱり宇多田ならではものでしょうねえ。
いろんな意味ですげえなあと、ツッコミながらも感心しています。



独特のセンスといえば、横浜駅前で、ドラム+ドラム+ベース+キーボード+パーカッション、そしてフロントがタップダンスというめずらしい編成のグループがパフォーマンスしてました。

目に入った瞬間、まずタップダンスというところでビクーリしたんですけど、よくよく見たらツインドラムなんでもうひとビクーリ。
激しくリズム主体の変則編成ですが、やってたのがラテンだったし、だからまあ別にいいけど…もとい、そんなスタイルもアリなんでしょうね。
軽く目から鱗でした。
フツーに上手くて、かっこよかったです。



かっこいいといえば、なんとなくテレビをつけたら『みゅーじん』がやってまして、今回はピアニストの国府弘子を取り上げていました。
番組中、「ピアノ6連弾」の映像が出てきたんですけど、これ、ジャズピアニスト6人が6台のピアノを同時に弾くんですよ。
なんかもう絵的にも音楽的にも凄まじいので、ひとりで「うはwwバカスwww」と喜んでおりました。

この番組はヤマハの一社提供らしく、CMもヤマハのCMばかりだったんですが、ジャズの原朋直とクラシックの佛坂咲千生という二人のトランペッターが共演してるCMが流れましてね。
これがちょっとかっこよかった。
映像的にもかっこいいし、二人が吹いてる曲がまたかっこいい。

もう一度見たいと思い、ネットに動画が流れてないか探してみたんですけど、ヤマハのサイトにもYouTubeにも見当たらず。
まだOAされ始めたばかりのCMなのかな?
曲がオリジナルのブルースらしいことまでは分かったのですが…残念。
別にいいけど。

このお二方、お互いがお互いに師弟関係だそうで。
原さんは佛坂さんにクラシックを、佛坂さんは原さんにジャズを教わっているそうです。
面白いね。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
ADMIN >> LOGIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。